格安SIM(楽天モバイル)に変えてみたらお金が増えた話

お金のこと
この記事は約2分で読めます。

ahiruです。

2016年に格安SIM(楽天モバイル)に切り替えたことによる節約効果をまとめます。

やったこと

格安SIMを使い始めた時期

2015年12月末:大手キャリアからMNP→楽天モバイルを申し込み

2016年1月~2020年8月現在:楽天モバイルを継続利用中

利用端末(スマホ)について

iPhone6s(SIMフリー):2015年末購入\106,704(Appleオンラインストア)

iPhone11(SIMフリー):2019年10月購入\79,800(Appleオンラインストア)

この時、古いiPhone6sを下取りに出しました。

下取り価格:\6,350

契約プラン

楽天モバイル 3.1GBプラン:\1,600(税別)

月によっては、5GBプラン:\2,150(税別)にすることも

わかったこと

節約効果が高い(固定費の削減)

キャリア:月々\8,500(当時:iPhone6s購入+楽天モバイル契約プランと同等ー機種割引)

楽天モバイル:月々\0~\1,000くらい。(ポイント利用あり)

その差はなんと、\7,500!!

端末一括購入費を考えても14か月(7,500*14=\105,000)で元が取れました。

2016年1月から2020年8月現在までと考えて、56か月

浮いたお金:\420,000(\7,500*56か月)

端末購入:\180,154(\106,704+\79,800ー\6,350)

端末一括購入した分を引いても4年半で20万円以上、固定費削減できていました。

月によって柔軟にプラン変更可能

余ったデータ量は、翌月へ繰り越し可能なため、

2~3か月に1度5GBにプランを変更していました。

都市部に行くとネットワークの遅さが気になることも

とはいえ、あまり気になりません。

費用対効果を考えると、早く切り替えて本当に良かった。

次にやること

楽天モバイルのプランが「楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT」だけになったので、

切り替えるかを考える。

メリットもありますが、デメリットもあるので、よく考えたいと思います。

月額利用料が1年間無料

エリア外

月額使用料が上がる

以上

コメント