割り勘精算表を作りました

Tips(パソコン)
この記事は約2分で読めます。

忘年会や新年会など、顔を合わせるとき、お店での精算は、誰かが立替払いをして、その後、改めて精算ということはないでしょうか?

過去、友人たちと集まって、お祝いや食事会の精算を、Excelにて計算して行っていました。

今回はそのテンプレートを配布します。ご自由にご利用ください。

割り勘精算表

割り勘精算表

友人同士のきっちりとした割り勘をしたい! そんなときに使っていた計算表になります。

利用ケースとしては、次のとおり。

  • 食事会で食べたそれぞれ金額の異なるメニューの精算
  • 一次会、二次会の参加/不参加での精算
  • プレゼントのやり取りの時、プレゼントを贈る人だけで割り勘したい

受取方法(Excel版)

1.以下のボタンクリックでZipファイルがダウンロードできます。

2.お好きな場所にダウンロードしたZipファイルを展開してお使いください。

使い方

B列に金額を入れ、D~M列の”■”にすると、C列に1人当たりの金額を算出します。

各人の立替は、立替金合計より下の行の各個人の列に金額を記入してください。

支払うべき額から立替金をマイナスして、精算します。

各自の支払い金額がいくらになるかは、一覧でまとめて表示されますので、こちらの一覧をシェアして精算してください。

注意事項

参加者は、10名までの記入欄になっています。

10名より多くなる場合は、列追加をお願いします。

食事会、プレゼント代、立替精算行も不足する場合は、行追加をお願いします。

以上、お役に立てば幸いです。