キャリアを考え直す。自分を見つめなおすために「やりたいこと」を考えてみた

キャリア
この記事は約5分で読めます。

前回、「キャリアを考え直す。きっかけ」で、悩みを4つのポイントに絞って出してみました。

  1. 子育て
  2. 能力
  3. 仕事内容
  4. 会社

今回は、自分を見つめなおしつつ、やりたいことを考えてみた結果をお伝えします。

とは言っても、やみくもに考えても効率が悪いので、今回はYouTube大学で紹介されていた書籍を参考に考えました。

参考図書)世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方

『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』を使って自己理解

この本を選択した理由

私が、これほどキャリアに悩むのは、きっと「やりたいこと」がないからだと思いました。

年に1回、これまでのキャリアを踏まえて、今後のキャリアを上司に伝える面談があります。

この時の面談結果は、上司を経由して、最終的に人事部にまで伝わります。

うなって、考えて、書いては消し、書いては消し…

これまでの経歴からなんとなく「消去法」で、それらしいものを書きます。

書きあがっても、未来の姿はあまり鮮明にイメージできないけれど、提出期限があるので、えいやっと出して、おしまい。

こんな自分とおさらばするには、とにかく「自己理解」を行い、まずは、「やりたいこと」を明確にすべきだと考えました。

著者が提唱する2つの公式

著者は言います。

「やりたいこと」がわからないのは、言葉の分類が足りていないから
「直感的に」ではなく「論理的に」やりたいことを見つけ出す

CHAPTER3 「やりたいこと探しを最速で終わらせる公式」自己理解メソッド より

そのために、2つの公式を使いましょう。

公式①「好きなこと×得意なこと=やりたいこと」

公式②「好きなこと×得意なこと×大事なこと(価値観)=ほんとうにやりたいこと」

公式①「好きなこと×得意なこと=やりたいこと」

情熱を傾けられる「好きなこと」に苦なく取り組める「得意なこと」を掛け合わせることで、

「やりたいこと」が見つかるということです。

というわけで、本に書いてあるメソッドに従って考えてみた結果が次のとおり。

私の好きなこと

お金(貯め方、増やし方、使い方)
IT
思考(働き方や生き方を考えることが多い)
物語(フィクションの漫画、小説)

働き方や生き方については、これは悩んでいるからというのもあるかもしれませんね。

本棚に多い本の種類とかからもわかるとのことでしたが、10年くらい前から持っている本は「働き方」や「生き方」に関するものが多かったです。

私の得意なこと

情報収集
人の気持ち、考えを察する
人に寄り添う、人の話を聞いて背景を理解する
改善点を見つける

私のやりたいこと

お金に関する悩みを人から聞いて背景を理解し、改善点を伝える
働き方に関する相談を人から聞いて、背景を理解、時には情報を集めて、改善点を伝える

お金に関する情報を集めて、役立つ情報を発信する

ちょっときれいにまとめてみましたが、こんなところでしょうか?

公式②「好きなこと×得意なこと×大事なこと(価値観)=ほんとうにやりたいこと」

公式①だけだと、まだ不完全だと著者は言います。

そこに「大事なこと(価値観)=どう生きたいか」がかけ合わさって、初めて、本当にやりたいことにたどり着けると。

私の大事なこと(価値観)

自由に生きたい、生きてほしい
人の役に立ちたい
家族を大事にしたい

自己理解メソッドで見つけた、わたしの本当にやりたいこと

「情熱 × 才能 × 価値観 = 本当にやりたいこと」に当てはめて考えてみました。

お金に関して学び、困っている人の話を聞いて寄り添う。人の役に立ちたいから。
働き方に関して学び、私のように働き方に悩む人の相談に乗る。自由に生きてほしいから。

→これらのことを私は、私の自由に生きるためにやりたい

「やりたいこと」を実現する手段について考える

本当にやりたいことをするには、「今の自分」と「本当にやりたいことを実現している自分」を考えて、差を埋める実現手段を探す必要があるよと、この本は教えてくれています。

「相談に乗るよ」というからには、それなりの知識が必要でしょう。

お金の相談を受けるには、ファイナンシャルプランナー(FP)じゃないとできないな。

働き方の相談だと、キャリアコンサルタント?

いや、そもそも、今ある働き方だけだと、結局選択できない場合もあるだろうし、雇用主側にアドバイスする立場もいいな。

社会保険労務士だとそれができるかな?

実現するための第一歩として

まずは、資格をとることを考えてみよう。

資格を取るまでは、お金や働き方に関する情報を集めて、発信していこう。

まとめ

やりたいことを考えるには、論理的に考えていくことが大事。

公式①「好きなこと×得意なこと=やりたいこと」

公式②「好きなこと×得意なこと×大事なこと(価値観)=ほんとうにやりたいこと」

自己理解メソッドに取り組んだ感想

今回、このメソッドに取り組んで、過去の自分~現在の自分を色々振り返りました。

そうしたら、自分のやりたいことが見えてきました。

今の仕事内容には直結しません。

そりゃ、会社にいる状態でキャリアを考えてもなにも思い浮かばないわけだわ…と気づきました。

固定観念を取っ払って、自分と向き合い。

本当にやりたいことを考えてみると視界がぱっとしました。

私のように悩める方は、一度、自己理解メソッドに取り組むことをお勧めします。

一部内容は、20代前半の若者向けに感じる箇所もありました。

が、年齢問わず、迷える方は取り組んでください。

きっと、視界が明るくなります。未来は明るい!

本を読んで取り組みたい方はこちら↓

著者から直接学びたい方はこちら↓

八木仁平公式サイト

以上、キャリアの検討の一環として、自分を見つめなおすために「やりたいこと」を考えてみました。