嫌なニオイを撃退! タオルをオキシ漬けしてみた

生活を豊かにする内容
この記事は約3分で読めます。

ahiruです。

先日、2年ほど使っているタオルから、なんだか嫌なにおいがしてきました。

いわゆる部屋干し臭と言われるような感じのニオイです。

我が家は、ガス乾燥機を使っているので、洗濯後すぐに乾かすのに…なぜ?

タオルの嫌なニオイの原因

原因は、生活サイクルが変わったことにより、洗濯のサイクルを変えたこと。

これまでは、毎晩お風呂上がりに洗濯機を回していたので、バスタオルもその日のうちに洗濯していました。

今は、子どもが保育園から帰ってすぐに洗濯機を回しているので、バスタオルは、使った翌日夕方まで置いておくことに。

この長時間濡れた状態で置いていることで、雑菌が増えてニオイの原因となっていたようです。

このニオイを撃退するには、オキシ漬けがいいというのを見かけたので、やってみることにしました。

準備したもの

  • お湯(50度〜60度ということで、給湯器で洗面台に60度のお湯を溜めました)
  • オキシクリーン(コストコで買ったやつを計量スプーン半量より多めに入れました)
  • タオル(今回のターゲット!)
  • ゴム手袋(オキシクリーンは、強力なので、手袋を忘れずに!)
  • ラップ(お湯の温度が下がるのを防ぐために使ってみました)

手順

  1. 洗面台に栓をします
  2. 洗面台の1/3程度お湯を溜めます
  3. オキシクリーンを軽量スプーンの半量強いれます
  4. 残りのお湯を溜める際の水流でオキシクリーンをしっかり溶かします
  5. タオルを1枚ずつつけていきます
  6. 全部つけたら、上からラップをかけます
  7. ラップをかけることで、お湯の温度が下がるのをゆっくりにします
  8. 1-6時間放置
  9. 時間が来たら、ラップをはがします
  10. この時、水が薄茶色になっていました
  11. 洗面台の栓を抜き、溜まったお湯を流します
  12. 水を流しながら、タオルを軽くすすいで、絞り、洗濯機へ放り込みます
  13. あとは、普段通りに洗濯、乾燥して終わりです

タオルのオキシ漬けをした感想

見たことないくらいの水の汚れに驚き、乾燥後、タオルから柔軟剤のいい香りがしていることに驚き…と、驚きの連続でした。

漂白効果がすごくあるという感じではなく、タオルの色が白くなった! とは感じませんでした。

気持ち白くなったのかな? 程度です。

とは言え、あまりに嫌なニオイで捨てなきゃダメかな? と考えていたタオルから、ニオイが消えたので、オキシ漬け、やってよかったです。

後日、残りのタオル類も順次オキシ漬けを行いました。

気をつける点

  • お湯の温度は、高めにしましょう
  • ゴム手袋を忘れずに!
  • 色落ちが気になる衣類は気をつけて

以上、タオルをオキシ漬けしてみたお話でした。参考になれば、幸いです。

では、また。