インデックス投資記録ー2020年8月実績

投資
この記事は約2分で読めます。

ahiruです。

2019年から開始したインデックス投資、2020年8月の実績を記録します。

資産配分(アセットアロケーション)

この資産配分には、生活防衛資金は、含みません。

保有銘柄

先進国株式

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド←積み立て中
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)←積み立て中

日本株式

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)←積み立て中

日本債券

eMAXIS Slim 国内債券インデックス個人向け国債
個人向け国債

先進国債券

企業型DCで保有している銘柄のため、銘柄名は伏せます。

上記以外に、確定拠出年金(企業型DC)で積み立て中の銘柄があります。

2020年8月実績雑感

今回、初めて円グラフの形でまとめました。

こうして改めて、グラフで見ると、国内:海外の資産が半々に近い形で保有できています。

投資を始めたときに目指した形にはなっています。

一方、ここ数か月で積立比率を少し変え始めました。

2020年末には先進国株式の比率がもう少し上がるはずと推測しています。

その結果、リスクをとりすぎになっていないか、といった観点でも考えていかなくてはなりません。

以上、2020年8月のインデックス投資実績まとめでした。

コメント