つみたてNISAの始め方~考え方編~

投資
この記事は約3分で読めます。

ahiruです。

つみたてNISA(ニーサ)ってなに?
つみたてNISA、聞いたことはあるけど、難しそうだからできない

こう考える人のために、つみたてNISAの始め方をご紹介します。

今回は、「つみたてNISAの始め方~考え方編~」として、つみたてNISAを始めるといいことあるよというのを説明します。

まだ始めていない人は、これを読んでぜひ挑戦してみてください。

つみたてNISAとは

2018年1月からスタートした、少額・長期・分散投資のための非課税制度のこと。

って突然難しいですね。

かんたんに言うと、「毎月コツコツ積み立て投資してくれたら、その分の利益にかかる税金は払わなくていいよ」という制度です。

例えば、通常、毎月30,000円を20年間、3%の利回りで、積み立て投資をした場合。

約265万円の収益に対して、税金が54万円くらいかかります。

これを払わなくてよくなる、つまり、税金でもっていかれるはずの54万円も自分のものになる。

これが、つみたてNISAです。すごくお得。

特定口座で投資つみたてNISA
元本720万720万
収益265万265万
税金54万0
手元に残るお金931万985万+54万

ちなみに、3%の運用利回りは、比較的安全寄りに見積もった場合です。

5%や7%といった利回りで積み立てた場合は、100万円くらい得します。

積立額を決める

こんなにお得なのだから、持っているお金全部つぎ込もう!

毎年貯金できる金額は、全額をつみたてNISAにしちゃおう!

…残念ながら、これはできません。

つみたてNISAで積み立てできるのは、年間40万円までと決まっています。

積立額の決め方①:毎月均等に積み立てる

400,000÷12か月=33,333.3333…なので、毎月、33,333円ずつ積み立てる

積立額の決め方②:ボーナス月だけ増やす

毎月30,000円×12か月=36万円

ボーナス月(年2回)は、+20,000円×2回=4万

この考え方だと、40万の枠ぴったりつかいきれます。

積立額の決め方③:ボーナス月だけ増やすその2

毎月3万も積み立てるなんて、きびしい!という方は、毎月の額は減らして、ボーナス月だけ多くすることをお勧めします。

たとえば、↓のような感じ。

毎月20,000円×12か月=24万円

ボーナス月(年2回)は、+80,000円×2回=16万

積立額の決め方④:年間40万円も投資する余裕がないor投資が怖い!場合の考え方

また、40万円の枠を使い切る必要はありません。

年間40万円の枠は、翌年以降に持ち越すことはできません。

でも、今から、毎月5,000円、いいえ、1,000円でもいいので、スモールスタートで、積み立て投資を始めてみる。

そして、余裕が出てきたら、額を増やしていくというのも一つの考え方です。

初めての投資で、年間40万円も大金いれるの怖いという気持ちもわかります。

自分が怖くない範囲で、少しずつ、投資の練習をしてみませんか?

以上、「つみたてNISAの始め方~考え方編~」でした。

コメント