インデックス投資記録-2022年7月実績

投資
この記事は約2分で読めます。

ahiruです。

今回は、2019年から開始したインデックス投資の2022年7月の実績を記録します。

資産配分(アセットアロケーション)

2022年8月5日時点のアセットアロケーションです。
先月から先進国株式の比率が少し上がりましたが、誤差の範囲ですね。

この資産配分には、生活防衛資金は、含みません。

東北投信様のアセットアロケーション分析ツール「ピザロ!!」を使っています。

保有銘柄

保有銘柄と積み立て中の銘柄は、以下のとおりこれまでと変わりません。

先進国株式

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
SBI-SBI・V・S&P500インデックス・ファンド
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

全世界株式

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)←積み立て中

日本株式

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)

日本債券

eMAXIS Slim 国内債券インデックス
個人向け国債

このほかに、夫の企業型確定拠出年金で先進国株式と新興国株式を9:1の割合で積立、保有しています。

2022年7月状況

今月も比率は、1ヶ月でそれほど変わりませんでした。

投資資産としては、7月は、ジュニアNISAに少しだけ入金しました。

今年初の入金です。80万の枠を使い切ることはないですが、少しでも非課税制度で運用できるに越したことはないですからね。

子どもそれぞれ平等に同額を入金しています。

また、7月には一部資産の取り崩しも行いました。詳しくは以下の記事に書いています。

投資の状況としては、7月後半から株価が上がったような気がしています。

マネーフォワードで見てみるとグラフが右肩上がりの形に。

6月から下がっていたのが、回復してきている形ですね。このまま、また、上がっていくといいのですが。

個人的には、7月から仕事の時間が増えてきて、いろいろやりたいことがストップした形になっています。

また、夏休みも始まってなかなか自分で思うような時間を過ごせない時もありますね。

仕事が増えると稼ぎが増えるので、それを投資に回していって、お金にも働いてもらいたいところです。

以上、2022年7月のインデックス投資実績まとめでした。