インデックス投資記録ー2020年11月実績

投資
この記事は約2分で読めます。

ahiruです。

2019年から開始したインデックス投資、2020年11月の実績を記録します。

資産配分(アセットアロケーション)

2020/11/30時点

この資産配分には、生活防衛資金は、含みません。

保有銘柄

先進国株式

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド←積み立て中
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)←積み立て中

日本株式

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)←積み立て中

日本債券

eMAXIS Slim 国内債券インデックス個人向け国債
個人向け国債

先進国債券

企業型DCで保有している銘柄のため、銘柄名は伏せます。

上記以外に、確定拠出年金(企業型DC)で積み立て中の銘柄があります。
銘柄の種類としては、国内株式、先進国株式、国内債券の3種類

2020年11月実績雑感

S&P500への投資割合を増やしていっているのが、徐々にグラフに表れてきています。

今月は、アメリカ大統領選挙に始まり、そのあとから株価がぐんぐん上がっていってました。

値上がりスピードを見て、こういう時こそ、リスクを取りすぎていないかを見る必要があるんだなと気を引き締めました。

とはいえ、毎月決めた積立額からは、一切増減していません。

来月以降もコツコツ積立を続けていきたいと思います。

それとは別に、現在、米国株を買い増しする方向で積み立てをしていますが、全世界株式(除く日本)でいいような気もしてきました。

全世界株式を選んでおけば、ファンド側で世界の資産比率にあわせて調整してくれるので、手がかからないかなといった点に魅力を感じ始めました。

今保有しているものは手放さずに、来年のつみたてNISAからまた買うものを変えていこうかなと思います。

以上、2020年11月のインデックス投資実績まとめでした。