インデックス投資記録-2021年10月実績

投資
この記事は約2分で読めます。

ahiruです。

今回は、2019年から開始したインデックス投資、2021年10月の実績を記録します。

資産配分(アセットアロケーション)

2021/11/5時点

この資産配分には、生活防衛資金は、含みません。

東北投信様のアセットアロケーション分析ツール「ピザロ!!」を使っています。

保有銘柄

保有銘柄と積み立て中の銘柄は、以下のとおり。

先進国株式

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
SBI-SBI・V・S&P500インデックス・ファンド←積み立て中
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

全世界株式

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)←積み立て中

日本株式

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)

日本債券

eMAXIS Slim 国内債券インデックス個人向け国債
個人向け国債

2021年10月状況

9月と異なり10月は伸びましたね

アメリカが伸びたのもあってか、10月は全体的にプラスとなりました。

また、10月は少し余裕があったので、子どものジュニアNISA枠で追加購入も行いました。

今年も残り2か月を切ったので…

残り2カ月を切ったので、今年の資産状況を改めて点検しました。

結果、資産はマイナス…となっています。

私が正社員→フリーランスになったことと、夫も夏のボーナス前に転職したのが理由ですね。

とはいえ思っていたよりは、マイナスにはなっていません。

今年は、市況がよく、投資信託の資産が伸びているのも、資産の大きなマイナスを防いでくれていると思います。

投資信託の資産は、含み益であり、確定したものではないことから、含めて考えるのはあまりよくないとは思いますが、精神衛生上は助けられています。

そんな中、子どもの将来の学費として定期預金にしていた分をそのまま、ジュニアNISAへ移しました。

これは、15年前後の運用期間があるため、大きく損することはないことと、運用経験が増えてきたので、マイナスになっても精神的に耐えられると判断しました。

10月時点で、資産を点検したことで、今年残り2か月弱、無駄遣いせずに過ごそうかなと気が引き締まりました。

以上、2021年10月のインデックス投資実績まとめでした。