インデックス投資記録ー2021年1月実績

投資
この記事は約2分で読めます。

ahiruです。

2019年から開始したインデックス投資、2021年1月の実績を記録します。

資産配分(アセットアロケーション)

この資産配分には、生活防衛資金は、含みません。

保有銘柄

保有銘柄と積み立て中の銘柄は、以下のとおり

先進国株式

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド←積み立て中
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)←積み立て中

日本株式

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)←積み立て中

日本債券

eMAXIS Slim 国内債券インデックス個人向け国債
個人向け国債

先進国債券

企業型DCで保有している銘柄のため、銘柄名は伏せます。

上記以外に、確定拠出年金(企業型DC)で積み立て中の銘柄があります。
銘柄の種類としては、国内株式、先進国株式、国内債券の3種類

2021年1月実績雑感

2021年のつみたてNISAの設定

前回、12月に決めた通り、2021年のつみたてNISAは、米国株式から全世界株式に切り替えています。

2020年:eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

2021年:eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

DC(企業型確定拠出年金)からiDeCo(個人型確定拠出年金)への切り替え

退職するため、確定拠出年金の切り替えが必要になります。

取扱商品数の多い、SBI証券にしようかと考えています。

切り替えにあたっての手続きなどは、まだ把握しきっていません。

また、記録している方も少ないので、落ち着いたタイミングでまとめたいと考えています。

退職後の投資方針

会社員だと定期収入があったので、投資ができていましたが、今後はそれほど投資することができなくなるかもしれません。

とはいえ、お金にも働いてもらいたいので、額を減らしてでも、つみたてNISAだけでも続けていきたいと考えています。

以上、2021年1月のインデックス投資実績まとめでした。