NISAからつみたてNISAへの変更方法

投資
この記事は約2分で読めます。

銀行のNISA口座から、証券会社のつみたてNISA口座へ変更する手続きとポイントをまとめます。

前提

  • 銀行でNISA口座を開設している
  • NISA口座での買い付けあり(2020年、2021年)
  • 証券口座でつみたてNISAを行うようにしたい

手続きの流れ

  1. NISA口座を開設していた銀行でNISA口座を閉じる手続きをする
  2. 銀行から「勘定廃止通知書」または、「非課税口座廃止通知書」を受け取る
  3. 新たに証券口座の開設と同時につみたてNISA口座の開設を申し込み
  4. 証券会社から口座開設書類が送られてくる
  5. 口座開設書類を返送時に、2で受け取った「勘定廃止通知書」または、「非課税口座廃止通知書」を添える
  6. つみたてNISA口座開設完了!

変更時のポイント4点

  • ポイント1:NISA口座は、一人につき1つの金融機関でしか開設できない
  • ポイント2:年に1回のみ金融機関の切り替えが可能
  • ポイント3:今年買付けした場合は、翌年分から切り替えが可能
  • ポイント4:変更前のNISA口座の商品は、そのままにしておいてもよい

ポイント1:NISA口座は、一人につき1つの金融機関でしか開設できない

NISA口座は、一人につき1つの金融機関でしか開設できません。

そのため、新たに別の金融機関でNISA口座を開設したい場合は、元の金融機関のNISA口座を廃止する必要があります。

「勘定廃止通知書」または「非課税口座廃止通知書」の取得が必要です。

ポイント2:年に1回のみ金融機関の切り替えが可能

金融機関の変更は、変更したい年分の前年の10月1日から変更したい年分の属する年の9月30日までに変更の手続きを完了することで、変更することができます。

例えば、2021年分から変更したい場合は、2020年10月1日から2021年9月30日までに変更手続きをしましょう。

ポイント3:今年買付けした場合は、翌年分から切り替えが可能

その際、変更したい年に変更前のNISA口座で買い付けがあった場合は、その年分は金融機関の変更ができません。

上図の例の場合、2021年1月1日以降にNISA口座で買い付けしているため、2021年10月1日以降に2022年の手続きとして、つみたてNISA口座の開設が可能となります。

ポイント4:変更前のNISA口座の商品は、そのままにしておいてもよい

変更前のNISA口座で保有している資産は、最長5年間非課税の適用が受けられます。

以上