新NISAってなに? NISAとの違いを解説します

投資
この記事は約4分で読めます。

NISAとiDeCoの違いも理解して、つみたてNISAを始めてから、1年が経過しました。

そしたら、今度は、2024年から新NISA制度がスタートするという情報が出始めました。

新NISAってなんなの?! また新しくNISA制度が増えるということ?

2024年から始まる新NISA制度について、今のNISAとの違いを中心にまとめます。

その前に、NISAとiDeCoの違いがよくわからないという方は、以下の記事を参考にしてください。

新NISA制度は、いつから始まる?

新NISA(ニーサ)制度は、2024年から始まります。

現在のNISA制度は、2023年で終了します。

年間120万円まで、最長5年間の非課税投資枠で買えるのが、2023年が最後になるということですね。

新NISA制度とNISA制度の違い

今のNISA制度(2023年末まで)は、1階建てですが、2024年から始まる新NISA制度は、2階建てになります。

1階とか2階とか何の話?! 今のNISAの説明の時、そんなこと言われてませんけど?!

そう思った方いませんか? 私は2階ってなんやねん、と思いました。

2024年から始まる新NISA制度の1階部分とは

新NISA制度の1階部分とは、年間20万円までの積立投資のこと。

1階部分の対象商品は、つみたてNISA対象商品となります。

非課税期間の5年が経過した後は、つみたてNISA口座にロールオーバーすることができます。

2024年から始まる新NISA制度の2階部分とは

新NISA制度の2階部分とは、年間102万円までの投資のこと。

2階部分の対象商品は、NISAの対象商品である、上場株式や株式投信、ETF、REITとなります。

新NISAの2階部分を買うことができる人

新NISA制度の2階部分を買うことができる人は制限されています。

  • 新NISA制度の1階部分の積立をしている人
  • 投資経験者(NISA口座を開設していた人、上場株式の投資経験がある人)

なお、1階部分を満額の年間20万円の積立投資をしていなくても、2階部分を買うことは可能です。

また、投資経験者は、新NISA制度の1階部分の積立をしていなくても、2階部分のみ買うということができます。

NISA制度を使っている人にも、積立投資をしてほしいということのようですね。

今、NISAをしているんだけれど、それはどうなるの?

今のNISA口座が5年の非課税期間の満期を迎えたら、3つの選択肢があります。

1.特定口座や一般口座に移す
2.翌年の非課税投資枠に時価で「持ち越す」(ロールオーバー)
3.売却する

ロールオーバーする額が新NISA枠の122万円を超えたらどうなるの?

2のロールオーバーの場合、新NISAの1階部分(20万円)と2階部分(102万円)を合わせた122万円を超える部分についても、ロールオーバーが可能です。

ロールオーバーする額が新NISA枠の122万円を超えなかった場合はどうなるの?

ロールオーバーした分は、2階部分(102万円)から埋まっていきます。

ロールオーバーする額が102万円以上、122万円未満で1階のみ空きが出る場合

2階部分(102万円)を使い切って、1階部分に少し空きができた場合、122万円になるまでの額は、1階部分、つまり、つみたてNISAでの投資が可能となります。

ロールオーバーする額が、102万円未満で1階、2階とも空きが出る場合

2階部分(102万円)に空きが出る場合は、まず、1階部分の20万円のつみたてNISAでの投資をしてから、2階部分の空きについても追加投資が可能となります。

ただし、投資経験者(NISA口座を開設していた人、上場株式の投資経験がある人)は、1階部分を使わなくても2階部分の投資ができます。

つみたてNISAはどうなるの?

現在のつみたてNISAは、2037年まで新規投資が可能ですが、2024年の改正で、2042年まで新規投資が可能となります。

ただ、非課税期間は、20年間というのは変わりません。

そのため、2020年にはじめたつみたてNISA40万円分の非課税期間は、2039年までで変わりません。

まだつみたてNISAを始められていない人も、これから始めれば、最大40万円×20年間=800万円の非課税投資が可能となります。

ジュニアNISAはどうなるの?

ジュニアNISAは、2023年をもって終了となります。それにより、2024年以降、払い出しが可能となります。

ただし、2023年までに購入した分については、そのまま非課税口座で持ち続けることも可能です。

もともと、ジュニアNISAは、18歳まで払い出しができない制度で使い勝手が悪いと不評でした。
制度改正により、2023年をもって終了に伴い、18歳未満でも払い出しが可能となることで、ジュニアNISAの口座開設数は増えていっています。

参考サイト

2024年から新NISAがスタート。一般NISAとつみたての合体版 | トウシル 楽天証券の投資情報メディア
新NISAが2024年から始まります。つみたてNISA、2階建て、投資経験者について詳しく解説します。●つみたてNISAは5年延長●一般NISAは2024年から2階建ての新NISAに衣替え●投資経験者は2階だけ使うこともできる●一般NISAから新NISAへのロールオーバーは複雑●ジュニアNISAは2023年で終了

以上、2024年から始まる新NISA制度について、現行制度との違いを中心にまとめました。