スマホ教室の講師をやってます

キャリア
この記事は約2分で読めます。

地域の方を対象に、スマートフォンの使い方を学べる教室を開催しています。

スマホ教室開催のきっかけ

きっかけは、母の「スマホがよくわからない」の一言から。

よくよく話を聞くと、母の世代はみんな、よくわからず使っている様子。

電話を掛けたり、メールをしたり、写真を撮ったりはなんとなくできるけれど、、、といった感じなようです。

スマホをよく使える人でも、LINEを使うのが精いっぱいといったところでしょうか?

よくわからないから誰かに聞きたいけれど、友達は、やっぱりみんなわかっていない。

家族に聞いても機種が違うとわからないと言われたり、子どもに聞くとケンカになってしまったり。

各キャリアでも教室をやっているけれど、遠くて行き辛い。

地域の公民館でやってもらえると安心。

参加してくださる方の声を聴くと、そういった感じのようです。

私のやっていること

テキスト作成

テキストがない状態だと皆さん、何をしていいのかわからない感じになるので、オリジナルでテキストを作ることにしました。

市販のものもありますが、どんな機種を持っている人が来るのかわからないため、ざくっとした内容の方がいいだろうと判断しました。

iPhoneは、長年使っていますが、Androidはほとんど使ったことがなく、かんたんスマホに至っては、ほぼ使えていません。

市販のテキストやネット記事などを参考に、テキストを作ることで、「わからない人がわからないと思う点」が明確になって、授業の助けになっています。

また、テキストを作ることで、資料の構成や進行を考えたりすることになるので、時間はかかりますが、いい勉強になっています。

講義

講義のテキストは用意しますが、その時々、疑問に思うことを聞かれたら、テキストからそれる内容でもお答えするようにして進めます。

プレゼンスキルを磨くというよりは、対話スキルを磨く経験を得られていると感じています。

気を付けている点としては、ゆっくり、はっきりしゃべることです。

また、疑問に思う点をわかりやすく、スマホは怖くない、そう思ってもらえるように言い方や使う言葉を意識しています。

今後やりたいこと

せっかくなので、スマホの使い方TipsをYoutube動画にしたいなぁと考えています。

他にも色々やってて手が回りそうにもないですが、生徒さんの復習にもなるので、やってもいいのでは? と感じています。

実際に、そういうスマホチャンネルは多いのですが、チャレンジの一環としてやってみたいなと。

以上、スマホ教室の講師をしているというお話でした。